特集

竹崎万梨子さんのストール展2021

12月2日(木)〜7日(火)の6日間、
イオショップ&ギャラリーにて『竹崎万梨子さんのストール展』を開催します。
特集では2話に分けて作品を詳しくご紹介します。

第1話魅力的な原毛

第2話

それぞれに個性があり、魅力的な原毛と向き合って制作される特別なストール。今回も竹崎さんが撮影された制作工程や、ストールを巻いた写真をご覧いただきながら、ラインアップをお伝えします。

1頭のシェットランドから

シェットランド1頭分の原毛の、その美しいグレーのグラデーション、素材の特徴を壊さないように羊と一緒に作り上げている気持ちで制作したストール。フリースの色を生かすために、色分けして糸を紡ぎ、濃淡で表情が異なる作品です。

竹崎万梨子さんのストール展2021

中間のグレーをたて糸、明るめのグレーをよこ糸にしてヘリンボーンで織った80 × 239㎝のストール。艶があり大判のならではの迫力を感じる贅沢な1枚です。巻くと見た目よりずっと軽やかでふんわりです。

竹崎万梨子さんのストール展2021

中間のグレーをたて糸とよこ糸にした80 × 145㎝の大判。風合いが柔らかく空気を含んだ感触です。色の発色が綺麗です。織りはヘリンボーン。

竹崎万梨子さんのストール展2021

一番白っぽいライトグレージュをたて糸とよこ糸に、織りはヘリンボーン。ライトグレージュの中に濃いグレーが混ざり、ニュアンスある色になっています。

竹崎万梨子さんのストール展2021
竹崎万梨子さんのストール展2021

たて糸はナチュラルカラーに、染めたネイビーをよこ糸に織っています。(左)平織と、(上)のヘリンボーン織りがメンズっぽく、いい感じです。

フリースと染めのボーダー

太めのボーダーが気になり作られたそうです。フリースのグレーがいいニュアンスになっている、グレー×黒とグレー×紺のボーダーをご覧ください。

竹崎万梨子さんのストール展2021

ミディアムグレーと黒のボーダー。フリースならではのいい表情。

竹崎万梨子さんのストール展2021
竹崎万梨子さんのストール展2021

左は紺のボーダー。無造作にキュッと巻いてもいい感じのサイズです。シンプルな太めのボーダーだから、フリースのグレーの魅力がよくわかります。

シェットランド×ウェリッシュマウンテンの格子

シェットランドとウェリッシュマウンテン、2種類の羊そのものの色を生かして作った格子柄のストール。クラッシックな柄と素材だけに素材の特徴が際立つ1枚になりました。

竹崎万梨子さんのストール展2021

シェットランドグレーとウェリッシュのこげ茶。エネルギッシュな質感も魅力的です。

竹崎万梨子さんのストール展2021
竹崎万梨子さんのストール展2021
竹崎万梨子さんのストール展2021

2頭のフリース(こげ茶のフリース)と(グレーのフリース)を生かした格子です。

竹崎万梨子さんのストール展2021
竹崎万梨子さんのストール展2021

平織り(左)と綾織り(上)。素材に力があり、使っていくうちに柔らかくいい風合いに育っていくそうです。楽しみですね。

シェットランド×ブルーフェイスレスターの格子

レアな2種類のフリースで作られた格子のストールです。シェットランドもブルーフェイスも細番手、でも力のあるフリースです。ブルーフェイスのカラードは珍しいとのことです。英国羊毛らしいストールです。

竹崎万梨子さんのストール展2021

赤茶とグレー味のある茶の格子。巻くと素材の良さを感じます。

シェットランド×ウェリッシュマウンティンのヘリンボーン

羊には個体差があり、この英国羊毛のカラードは深い色。甘茶とこげ茶(黒)のヘリンボーンの四角い大判はトラッドで英国羊毛らしいストールです。

竹崎万梨子さんのストール展2021

ほどよい弾力があり、巻くといろんな表情でおさまります。無造作に巻いても様になるストールです。

竹崎万梨子さんのストール展2021

光があたり、織った生地が立体的で魅力的に見えたそうです。

竹崎万梨子さんのストール展ご来店の際のお願い

予約制ではありませんが、コロナウイルス感染予防対策として混雑をさけるため、状況によってはご入店をお待ちいただく場合があります。

また、引き続き下記の対策にご協力をお願いいたします。

●ご来店の際に、入口にある消毒液をご利用ください。
●マスク着用のご協力をお願いいたします。
●大人数でのご来店はお控えください。

ご不便、ご不自由をおかけし恐縮ですが、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

第2話(11月30日更新予定)