高知のトマト
高知のトマト

いただいたのです。箱にぎっしりトマトがつまっています。おいしいです。濃い味です。さすが高知です。最近は展示会で高知に行っても日帰りで、日曜市にも行きません。そしたらこのトマトを頂きました。高知はおいしいものがたくさんあります。次回は久しぶりにセブンディズホテルプラスに泊まって、市に行っておいしいものを買いたいと思います。

17/02/19




まちのシューレで
左は福岡の「英彦山魔除けがらがら」、真ん中は金沢の「もちつきうさぎ」、右は和三盆のハートにチョコレートがコーティングされている多分高松のお菓子。「がらがら」と「兎」はダニエラさんにあげようと思って。
まちのシューレで

とうとう今年春夏「a.」展示会が始まりました。京都から新幹線で岡山、岡山からマリンライナーで高松まで行くルートで今年も行って来ました(帰りは飛行機で羽田へ)。新幹線は案の定関ヶ原あたりの積雪でゆっくり運転だったらしく30分遅れ。予定のマリンライナーに乗るために新幹線の予約チケットの時間を変更。で、無事到着。「シューレ」さんに行く楽しみはスタッフの方々の選んだ民芸品、家具、おいしいものを買えるのも一つです。前回は脚が畳めるテーブルを買いました。今回は大きいものは買いませんでした。それから「大人のおしゃれ14」で取材させてもらった鎌倉にお住まいだった広瀬裕子さんが来て下さいました。ごく最近高松に引っ越されたんだそう。びっくり!でした。たくさんの方においで頂きました。

まちのシューレで
本2冊は「つるとはな」の最新号、「背守り」は昔赤ちゃんの着物の背にお守りとして糸で形をつくったその形や多分縫い方の本(ダニエラさんにあげる)、とまあいろいろ買いました。

17/02/14




Tシャツ
この春の「二次元」タイプのTシャツです。ポリエステルだから春から着られます。私は普通のTシャツが似合わないので、こういうのはとても嬉しい。前に買ったウールのセーターで近いデザインのはずーっと着ています。
Tシャツ

私は「a.」以外はほぼギャルソンの服です。この前襟の大きいコートを買った時に、この「二次元(フラットになるデザイン)」シリーズのTシャツも欲しくなり、取り寄せしてもらいました。それが入荷したお知らせをもらいましたが、「大人のおしゃれ15」の入稿に追われて受け取りに行けませんでした。ようやっと買ってきました。最近は着て楽なのが好きです。

17/02/07




io+の手提げバッグ
パッチワークのはどれも同じものはありませんし後ろ側の接ぎも同じではありません。プリントのはプラスとドットの配置も分量もそれぞれです。
io+の手提げバッグ

a.」の春夏服は早くても6月から「京都 io+」の店頭販売です。オリジナルを作るのもなかなか追いつかなくて、お客さんに申し訳ない事になっています。いろいろ考えてまず今年は2月にスタッフ手作りの手提げバッグを販売することにしました。サンプル服や「io+」用につくった服の余り切れや、試作用に買い入れた布のバッグです。どれもスタッフの手がセンスがそして出来るまでにはかなり時間がかかっています。パッチワークは全部手作りです。プリントのは手刷りです。どれも販売したくないぐらいかわいいです。今後の参考として販売前に買いました。

17/01/31




リュックサック
ANTHOLOGIEで検索するとこのバッグさがせます。この写真見てもらっても形がよくわからないですよね。ちょっとだけ長四角形の口がファスナーの袋に、背負うベルトがついているって感じかなあ。
リュックサック

背中に背負うバッグですが、似合わなくて買っても使っていませんでした。こんもりふくらむ量感が背の低い私には不釣り合いです。でもカメラ等を持ち運ぶにはリュックが一番楽ですから、何でもない形のがあったら使ってみようと思っていました。今年に入ってうちで縫製をしている阿部さん(男性)がフラットなのを斜めがけに(ベルトの1本が外せてもう片一方と同じ繋ぎに繋ぎ)背負っているのを見て、シンプルだし量感は出なさそうだし、私も大丈夫かも知れないと思い、まねしてネットで買ってみました。先週はこれにカメラ2台とボイスレコーダーや電池や替えのバッテリー等を詰め込んで、京都に行ってきました。

17/01/24




今年初めて買った服
昔のパリのオートクチュールの写真に襟の大きなコートがあったような気がしますが。クラシカルなようで新しい感じ。
今年初めて買った服

コムデギャルソン青山で今年初めて服を買いました。シンプルな細身のコートに大きい襟がついています。試着させてもらったら私のような体の小さいおばあさんでも、大丈夫と思って決めました。私の場合着てみないと決められません。体型的に合う服が少ないんです。だから合う服を買うと元気が出ます。今は3月15日発売の「大人のおしゃれ15」の撮影や編集に追われていて、このお買い物は頑張るにきくお薬になりました。しばらくは土日も仕事です。

17/01/17




やっぱりお菓子
赤福餅は今は京都駅や名古屋駅などあちこちで買えますが、昔は伊勢神宮にお参りの後で買う伊勢の土産菓子だったと思います。
やっぱりお菓子

新年おめでとうございます。いい年でありますように。5日に京都に行きました。6日にフランスのお正月のお菓子の「ガレットデロア」を堺町通錦小路上がるの洋菓子店で12にカットしてもらって買ってきて、ご近所さんと友達とイオプラススタッフで食べました。フェーヴ(パイの中に入っている陶器製のかわいらしいもの。これがあたると今年は幸せ者とか)がなーんと私の1カットに潜んでいました。写真を撮らなかったので見てもらえません。残念!! 翌日の7日に東京に戻ってきましたが、京都駅構内でつい買った「赤福餅」をその夜食べ、本日8日は(酉年だから誰かに上げようと買っておいた)「鳩サブレー」を食べ、なんかもりもり元気で始められそうです。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

やっぱりお菓子
「鳩サブレー」は鎌倉の豊島屋のお菓子です。鶴岡八幡宮におまいりする道にあるお店です。

17/01/10




内田鋼一さんの茶碗
ゆがんでいないように見えますが上から見るとゆがんでいます。
内田鋼一さんの茶碗

代官山で展覧会をおやりになっていると知ったのはもう既にオープンしてから日にちが経っていました。ご自分からはほぼDMをお出しにならないとは聞いていましたけど。とにかく間に合って手に入れる事が出来ました。ギャラリーから箱に入れて送ってくださると聞いていましたのが、届きました。これは「引き出し」というらしい。窯の中のまだ冷めない熱いのを引っ張り出したという意味だか、まあそんな説明をもらいました。それでいびつです。偶然できるゆがみが好もしいのです。深いから冬茶碗かなあ。ちょうどお正月に使えます。お裏さん式の茶筅であぶくいっぱいにたてたお茶をいただこうと思います。新年も良い年でありますように。

内田鋼一さんの茶碗
家にある普通の抹茶茶碗。たまーの練習は大きめの飯茶碗でもしています。

16/12/27




はやしのりこさんのバッグ2個
月夜ちゃんに買ったバッグ。まず風船にボンドで貼りつけて形を作って、ミシンで叩いて形を固定するのですって。
はやしのりこさんのバッグ2個

イオギャラリーで展覧会をしていただいていたはやしさんのバッグです。最初から気になっていたピンク(絞りの着物地)と赤ので迷いました。実は小鉢月夜ちゃんにあげたかったのです。ピンクは浴衣にも可愛いね、赤だったらお出かけにいいねと決められずー。メールで月夜ちゃんに選んでもらったら即「赤」の返事。膨らました風船に貼り付けて形を作った立体感はどこにもない形です。なかなかユニークな作り方でお話を聞いているのも楽しかったでした。

はやしのりこさんのバッグ2個
これは以前どこかのギャラリーさんでやられた手ざげです。写真を見せてもらって、あんまりにも可愛かったからお家から持ってきてもらうようお願いしました。買いました。林さんの手描きです。

16/12/20




マヨルカ島の図書館に『アルネ』収蔵
みなさんアルネを持って記念写真を。嬉しいです。
マヨルカ島の図書館に『アルネ』収蔵

『アルネ・もう1回号』でダニエラグレジスのマヨルカ島のパーリャバッグを載させてもらいましたが、ダニエラさんやバッグ職人さんに好もしく思っていただけ、マヨルカ島の図書館に納めていただくよう働きかけてくださいました。この度寄贈式があったそうで、その時の写真が送られてきました。<アルネ>がマヨルカ島の図書館に収蔵されるのは、とてもとても名誉のあることです。ダニエラさんや職人さんたちに改めてお礼を申し上げます。

16/12/15




杉本博司の「海景」
この作品は『338 IRISH SEA ISLE OF MAN』番号がついているのは50枚セットの「海景」(本)の1枚でオフセット印刷?なんだと思う。でも一番欲しかったのが Caribbean Sea Jamaica <73×73cm>(オフセットリトグラフ)。それをとうとうネットで買ったのです。楽しみ。
変な写真だけど、額のガラスに余分なものが写るのでこの角度です。
杉本博司の「海景」

ずーっと欲しかったけど壁に絵を飾らないことにしていた(白い壁が一番きれいと勝手に思っていた)ので、買いのがしてしまった杉本博司の「海景」。李 禹煥(リ・ウーファン)の版画を1枚買って飾ったらなんかいいみたいと思い結局3枚になったあたりで、やっぱり杉本博司の「海景」が欲しくなりあちこち聞き回る。ネットに出ているのを悩むこと半年以上。で、この前李 禹煥のを買ったお店に出たので買う。1枚買ったらもっと欲しくなりやっぱりネットで2枚買う。それはまだ届いていない。額装するということで来年になるらしい。友達にしゃべったら「いいね」といってくれた。今一番うれしい買い物です。

杉本博司の「海景」
なんでこんな場所?と思われると思うので、下に黒革の1人掛けのソファがあるからと説明写真も。この部屋は自宅の仕事部屋です。

16/12/13




シルバーの大きなピン
金属はたたくことによって強くなるのだそうです。だからそのことを今回教えてもらいました。そういえば以前たたいた様な感じがあるピンを失敗作だと思ったことがありました。
シルバーの大きなピン

先週渋谷で3回目の個展をされた武田さん(「Last Dance」)の大きなピンを買いました。武田さんのはこれで3個目です。最初はリングを鎖状につないだネックレス、次は真ん中が空いているリング状の指輪でした。全部シルバーです。今回のピンはストールを留めたり、カーディガンを合わせて留めたり、またはアクセサリーとして使うとすてきと思いました。

16/12/06




茶碗
大振りです。ほうじ茶をたっぷり飲むのにいいと思う。私はあんまり煎茶は飲みません。
茶碗

日常の食器は十分間に合っているんですけどね。実は4年ぐらい前に京都祇園のアートや建築や写真の本屋さん「Books & Things」に行った時に店主の方がおいしいお茶を出して下さいました。その時のお茶碗がとてもよく、聞いてみたら絵付けしていない古伊万里とのこと。その日からさがし始めました。でもなかなか見つかりません。5客揃った飯茶碗を見つけた時同じ種類というだけでよく考えず買ってしまいました。使わないまま棚にしまっています。その後5客揃ったのに出会いましたが、もちろんお値段もよろしく、その時は他に欲しいモノがあってそれを買いました。すっかり忘れていた先日1客だけ店に並んでいるのに出合い、自分使いとして買いました。今は来客もほぼなく5客はいらない生活です。

16/11/29




本の片付け
古本屋さんに持って行ってもらえたらまた誰かが楽しんでくれるに違いないと思っていますが。
本の片付け

小説の類いと生活情報関係の本を片付けました。何回目だろう。今回は思い切って大好きだった料理本やインテリアの本も処分。本は好きで買うからたまります。村上春樹さんの本だけでも相当な量です。もーちろん村上さんのはまとめて棚に保存。富浦の家にもたくさん残している。他の作家の面白い小説の類いは友人達に回して読んでもらいますが、私は2度読みしないので結局最後は処分となります。連絡すれば回収に来てもらえる古本屋さんもあるので、近々実行です。階段を半階降りて1階のパソコンの部屋にまとめたのですが、重くて腕が痛くなりました。でもまだ整理していない棚があるのです。残りは今年中の仕事です。

16/11/28


One Day

one day

戻る