このページでは、大橋歩が日々の出来事や感じたことを綴ってゆきます。

筋肉を鍛えたい
やりすぎはだめだそう。それからこの手のものはわりあい飽きるらしい。でもまあ今のところは頑張って使っています。
筋肉を鍛えたい

先日京都の大徳寺の近くのおうちを夜お訪ねしました。玄関まで階段があり登る時は大丈夫だったのですが、帰りが大丈夫じゃなかったのです。なにしろ正座は超久しぶりで、椅子を用意してくださっていたのでしたが、お話しする時目線が気になってなるべく正座をしていましたから、筋肉硬直状態。そんなことや足の筋肉の衰えが原因で、ああ、それからメガネをしていても夜だとよく見えないこともあり、帰りの階段最後の1段を踏み外してごろりんところんでしまいました。こんなことじゃだめです。筋肉をつけなくっちゃというわけで、友人Oさんが使っていらっしゃるという足筋を鍛えるマシーン(?)を購入しました。Oさんが部屋の中に置いてもあんまり気にならないとおっしゃっていましたが、本当にそうで、置いておくとすぐ使えていいのです。これは先週の買い物です。まだ成果は出ていません。(健康ステッパーナイスデイ)

16/05/24




麻のジャケットと麻のバルーンパンツ
黒のパンツだとちょっとよそ行き風。これだと仕事にい行く時のカジュアルな組み合わせになると思う。
麻のジャケットと麻のバルーンパンツ

衝動買いする服と悩んで悩んで買う服がありますが、衝動買いは失敗が多く悩んで買うのは失敗が少ないわけでは(私の場合)ありません。だから「a.」の服は思いっきり試着して納得して買えるので失敗が少ないかというとそんなこともないのです。買ってすぐに失敗したと思っていた服も翌年けっこう気に入って着るのもありますし。「a.」の麻のジャケットはテーラーカラーの上についているボタンをして詰めた襟にして着れば私にも合う事が分かり、それでも悩んで買いました。ま夏に着られる何でもない形のジャケットはやっぱり持っていた方がいいと思ったからです。少し薄手の麻のバルーンパンツはこれは失敗なしのパンツです。

麻のジャケットと麻のバルーンパンツ
なんかおっさん風になっていますが、麻バルーンパンツを長袖Tシャツの上に花柄プリントのシャツを合わせてみました。麻のバルーンパンツはいろいろに着られて便利そう。

16/05/17




ネットでお買い物
とても美しい景色と受け入れるだけしかない人生。今の私たちの生活とは真逆。映画が終わってもしばらく椅子から立ち上がれませんでした。
ネットでお買い物

Oさんが岩波ホールでいい映画を観たとおっしゃいました。お話を聞いて是非私も観たいと思いましたがその週で終わってしまい見逃しました。その映画<木靴の樹(1978年イタリア)>は検索したらDVDが買えると分かり、この連休中に観ることにして買いました。3時間の映画だから夜8時に観始めると観終わるのが11時となり、ようやっと4日の夜決行! 観てよかったでした! ところで最近ネットでいろんなものを買っています。今日はTさんに以前頂いておいしかった甘酒と、Mさん情報の杏オイルを注文しました。甘酒はヨーグルトにまぜ朝食やおやつの時間に食べます。お腹にいいらしい。杏オイルは老人性のイボ(50代にホウレイセン上と最近耳のうしろと額にもできた)がとれるらしい。まあ使ってみないと分かりませんが。こうやってPCでお買い物をしていると外出をしなくなります。

16/05/05




コンパクトカメラ
使い勝手はどんなだろうね。
コンパクトカメラ

軽くて性能のいいカメラを急に買わなくてはならなくなりました。というのは5月5日スペインに発たれる方にそこの写真を撮ってきてもらうお願いをしました。急なことだったので渋谷のビックリカメラ(本当はビックカメラなんだけど、私だけがこう呼んでいる)に行って、販売員のアドバイスで決めて買いました。実はアルネの最初からカメラはオリンパスだったのです。だからオリンパスがよかったのですが、今回は軽くて性能がいいという条件で探してもらったのがこの4月に発売されたキャノンのG7XMark2。さて、これで撮ってきてもらう写真は頑張って取材中の「アルネ」特編号(9月15日発売予定)にと思っています。楽しみです。

16/05/02




リピートの浴用ブラシ他
世田谷の家の3本目の柄は取り外せる浴用ぶらしです。京都でも使っている。
リピートの浴用ブラシ他

植えてあるものは抜けます。だからブラシは3本目です。それから石鹸もリピートです。いつだったか工務店の人に固形石鹸を使うとカスが配管にたまるといわれました。たしかに浴室や洗面台に石鹸カスがつきます。液体のボディシャンプーの方が汚れがつきにくいようです。でも私は石鹸が好きでやめられません。好きと言えばナイフの類も好きです。朝食用のナイフ2種類も買いました。実はこれもまたまた買ってしまったものです。(六本木のアクシスビル1階リビングモチーフで買う)

リピートの浴用ブラシ他
石鹸ですがこれを使うと浴室にいい香りが残ります。石鹸の質より匂いで選んでしまう。
リピートの浴用ブラシ他
上と上から3本目は朝食用だそうです。これ1本でチーズナイフにもバターをぬったりもできます。柄の色の違いは木の種類がちがうから。
上2本が今回の買い物です。これは京都で使います。下2本は世田谷の家で使っていたもの。2本目のは果物ナイフで、一番下は何だろう? チーズナイフかも? 私は果物ナイフにも使っている。下2本はどこで買ったのか覚えていません。

16/04/26




水差し
安藤雅信さんの水差し。急須の残りのお茶をこれに移してちょうどよい濃さで飲もうと思う。
水差し

先週末多治見の「メクリ」さんでやってくださっている「a.展(15日から19日)」に行く前に、「百草」さんに寄りました。実は問い合わせしていた水指の現物を見せて貰いに行ったのです。蓋を漆塗りにして箱もつくってもらうことになったので、後日出来上がったら連絡をもらうことになりました。その後幸運なことに安藤さんに中国茶をご馳走になりました。そして帰り際水差し(3行目の水指は茶道の道具のひとつで水差しとは違う)を買いました。多分これは水差しというくくりの器だと思うのですが、急須に残ったお茶をこれに入れて程よい飲み頃のお茶を無駄にしないようにしたいからです。お茶は急須に長くおくと濃くなって困ります。中国茶は注ぎ口のついた器に急須のお茶を一旦全部入れて、2人用だったら2つの茶器に注ぎます。それで2つの茶器のお茶は同じ濃さです。飲み終わったらまた急須にお湯を入れ2煎目も同じようにして頂きます。それのまねですね。以前高橋みどりさんにそのように(日本の)煎茶を出してもらいました。なかなかおいしい入れ方でした。煎茶もほうじ茶もその入れ方の方がいいと思うのです。

水差し
中国茶用で急須からこれに移して濃さを同じにして茶碗に分ける器。20年ぐらい前に仕事で行った台湾で買ったものと、日本の中国茶専門店で買った物。
水差し
右端は毎朝使っているミルク入れです。ロイヤルコペンハーゲンのポットシリーズ(廃盤)。それにしても注ぎ口のあるものはどの国のも形が同じなんだなあ。

16/04/19




「a.」私の着られるサイズ
ずーと前につくった7分袖丈のTシャツ白を、今年久しぶりに追加製造しました。私はシャツやブラウスの下にこれを着ます。ブラウスの襟元にTシャツがのぞくのが好きです。向かって左のはまだ洗っていないもの。右のは洗ったもの。SとMがありますがこれは小さめなのでSを買いました。
「a.」私の着られるサイズ

自分が欲しいものを「a.」でつくることがあります。この春夏は「ねえ、あのTシャツ在庫なくなっているよ」「これ着たいからつくって欲しいけど」とお願いして製品にしました。それを買いました。なにしろ身長が150センチを切ってしまって(年齢に寄る)なかなか合うサイズがないのです。こんな体の小さいお客さんはそうたくさんはいませんから、量産をするのが無理なものも多いのです。この他には入荷待ちのバルーンパンツXSです。

「a.」私の着られるサイズ
襟がアシンメトリーのカットソーブラウスです。私は下にやっぱりTシャツを着ます。黒い方は黒白縞長袖Tシャツを着て、襟元と袖口から白黒をのぞかせるのが好きです。

16/04/12




すげ替えと打ち換え
写真は鼻緒のすげ替え(詳しくいうと調節)をしてもらったちりめんの鼻緒のを2足と別珍の鼻緒のを2足です。小松屋さんのお話に寄ると畳草履は今は作り手が少なくなったとか。私はよそ行きのも畳のを履いています。滑らなくて好きです。しょっちゅう履くのは別珍の鼻緒の草履です。
すげ替えと打ち換え

何の事だか分かりませんよね。すげ替えは草履の鼻緒のことで、打ち換えは草履の底の踵の張り替えのことです。久しぶりによそ行きじゃない着物を着ましたが、それ用に履いていた草履の鼻緒がきつくて歩くのが苦痛です。それから長年修理していないので踵のゴムがすり減って、ひどいのは底のベースの部分まで減っているものもありこれでは履けません。修理に出さねば履けません。東京では渋谷の東急プラザ(建替え中)の小松屋や、赤坂の小松屋で買う事も多かったのですけど、だいぶん前に閉店してしまいました。ネットで調べたら銀座通りにあった小松屋が新橋の方に移転していると分かり、5足いっぺんに修理してもらいました。よかったです。

すげ替えと打ち換え
底の踵のゴム(合成ゴムかもしれない)の張り替えてもらったもの。実は履いて行った草履も踵が減っていたのでその場で換えてもらいましたから合計6足分の踵の修理となりました。当分安心です。

16/04/05




小前洋子さんの花瓶
まだ花を入れていません。このままだとくびれがセクシーなオブジェです。けばけばしい色の大きめの花も合いそうです。緑色の稲の葉のようなのをぎっしり詰めるのもいいかも知れません。
小前洋子さんの花瓶

先日青山のDEE’S HALLでの展覧会「エレメント」で、私は真ん中にくびれのあるのを買いました。小前さんの2回目の展覧会でした。小前さんはいろいろと社会での仕事を終了されて、作陶を始められました。遅くに咲かせるのはなかなかむつかしい。でも遅咲きは浮かれませんね。じっくり自分の発酵を形にされていると思えました。2回目の方がずーと自由に見えました。いい展覧会でした。

16/03/29




石鹸置きと歯ブラシ入れ
写真に撮るのに新しい石鹸をと思ったのですが、買い置きがなくなっていました。石鹸は六本木のリビングモチーフで買う事が多い。
石鹸置きと歯ブラシ入れ

今までこういう物を使っていなかったわけではありません。石けん置きも楕円形の陶器のを今も持っていますが、なんとなくくたびれ感が見えて来て気分よくありません。歯ブラシ入れも陶器、ガラスと使ってきました。ガラスのをこの前割ってしまったこともあって、このセットを買いました。普通の形のは案外売っていないのです。こういうのは何でもない形のが私は好きです。実は初めて丸ビルのコンランに行きました。このささやかなセットを買いました。コンランらしくちょっと高めのお値段のような気がします。最近こういう物を買わないから私の買い物感覚がずれているかな?

16/03/22




私の基礎化粧品
左からスキンローション、ミルクローション、モイストエッセンス入れ替え用、モイストクリームです。若くないのでしっとりタイプ。
私の基礎化粧品

「大人のおしゃれ13」で3人の知り合いの方にお使いの基礎化粧品を伺いました。たまたま先週私の使っている基礎化粧品で切れそうなのを買い足しました。今週の買い物は私の基礎化粧品です。実は若い時からできものとかニキビが出来るタイプでした。ある時化粧品アレルギーもあると分かって、30代は某メーカーの肌にやさしいうたい文句の化粧品を試しましたが、やっぱりかゆくなったりぶちぶち赤くなったりするので、普通の石鹸と清酒とオリーブオイルにしました。でもそれが一番ではないと思っていた頃友人おすすめの某フランス製化粧品をエステで試してそれに切り替えました。エステも40代から60歳まで通い続けました。肌の新陳代謝がエステで向上して、肌が強くなったと思います。実は半年ぐらい前からアレルギー体質の知人が使っている『コンテス』の敏感肌用に替えました。今のところ問題ありません。

私の基礎化粧品
石鹸はホーケンのです。ただしコンテスを教えてくれた知人はこれを使ったけど合わなかったといいます。私は全く問題なし。

16/03/15




白いソックス
年齢が高くなった人も白いソックスをジーンズや他の素材のパンツに履くといいように思います。
白いソックス

今年「a.」で白いソックスに挑戦しました。なるべく透けないのをと試作しましたけど満足いくのができませんでした。来年再挑戦としました。これはギャルソンの白い靴下です。とてもいい感じにできています。白いソックスはぐずっと履くのがいいと思います。服の撮影ではよくそういう風に見せます。私は前に表千家のお茶の稽古に行っていましたが、洋服の時は白いソックスに履き替えました。いい白いソックスを見つけるのはなかなかむつかしかったものです。以前のコムデギャルソンのは素材も違ったしもうちょっと短かったと思います。今の方がいい感じです。

16/03/08




また今年もみんなで食べる文旦を買う
大きさも揃っています。さて今日のおやつにも剥いて2房ぐらいにしてみんなに出します。
また今年もみんなで食べる文旦を買う

うちは夏は桃で冬は文旦を親しい人にあげたり自分たちが食べるために買います。今年はこれが3箱目のみんなが食べる文旦。実はランクがあります。ちゃんとした人にお送りするのはランクが上の方の文旦で、ほぼ家族同様の親しい人にあげるのはランクが一番下のものを送っています。これはちょっとだけいいクラスです。みんなが食べるのにはもったいないけど、そういうのも食べてみないとわかりませんから、買ってみました。やっぱりみかけがきれいでした。

16/03/01




大橋のお知らせ
開館に合わせてつくられた本です。四日市出身の私は書き文字をたのまれました。私もうれしい本です。
大橋のお知らせ

先週アルネメールでお知らせしました、クリエイションギャラリーG83月2日水曜日の夜7時から8時半までのトークイベントを再度(あわてて)お知らせします。陶芸家の内田鋼一さんと私と「やりたいことをやる」というテーマで話をします。内田さんは昨年秋に四日市に「BANKO archive design museum」をたちあげられました。個人で運営されています。今までも作家なのにいい形のものを拾い上げ本にもしていらっしゃいました。今回の萬古焼のミュージアムは内田さんのたっての願いだったと思います。3月15日発売予定の「大人のおしゃれ13」でも取材させて頂いています。お時間がある方は是非銀座まで足をお運びくださるとうれしいです。

クリエーションギャラリーG8
中央区銀座8−4−17リクルートGINZA8ビル
トークイベント [ 3/2 ]「やりたい仕事をやる」

大橋のお知らせ
ミュージアムの中の写真。取材させて頂いた時の1枚です。

16/03/01




アイロンとアイロン台
アイロンの色が気に入っていません。家庭用って一般奥様好み色になるんですかねえ。
アイロンとアイロン台

こういう物って駄目になるまで使ってしまいます。いよいよ使いづらいとかアイロンは蒸気にならなく水がぼたぼた落ちるようになったとかが重なって、それでもまあなんとか使い続けてしまうのは私だけかな? とうとう我慢の限界と決心をして買い替えました。さていざ買い替えるとなると何処のが使い勝手がいいのかわかりません。分からないからアイロンは仕事でしわ伸ばしだけに使っているメーカーのにしました。アイロン台もそのしわ伸ばしの時に使っている無印の私は大きいのにしました。で、使ってみたらどうだったかというとアイロンは重い。重い方がしっかりしわのばしができるということを聞いたことがあったので、まあこれは納得。アイロン台はゆれます。しかたがないのでテーブルに寄せてできるだけ揺れないように工夫して使いました。私はシーツ(麻)も家で洗ってアイロンをかけていますから、この大きさだと全体まんべんなくしわ伸ばしが出来てそれはよかったと思っていますが。

16/02/23




高松まちのシューレ
今回はチョコレートが多めです。バレンタインデーのちょっと前だったからね。
高松まちのシューレ

「a.A.展示会」高松のまちのシューレさんに行きました。年に2回行かせてもらっていますが、楽しみはカフェで特別限定「a.」のお菓子をつくってくださっていて私もいただけるというのと、地域や地方の名産チョイスの食品などを買えることです。今回も食べるものいろいろ買ってきました。

高松まちのシューレ
やっぱり瀬戸内はレモン。きっと皮も安心して食べられると思う。

16/02/16




ダニエラグレジスの赤いセーター
手編みだから糸目が揃っていなくてそれがまたいい感じです。
ダニエラグレジスの赤いセーター

「大人のおしゃれ」の撮影で神戸の草灯舎さんに行き、この赤い麻手編みのセーターを注文しました。それが先日届きました。いい赤で元気が出ます。私はオレンジ色も黄色もピンクも似合いません。なんとか赤は大丈夫と自分で思っています。それで赤いセーターやシャツはつい買ってしまいます。このセーターを着られるのはまだちょっと先です。

ダニエラグレジスの赤いセーター
右脇袖付けにネームがついていてそれがかわいい。
ダニエラグレジスの赤いセーター
ダニエラグレジスの服を買うと手作りの袋に入れてもらえます。左はダニエラグレジスのマークです。

16/02/09




青山のコムデギャルソンにも行く
今まで買った事のない形のワンピースを買ってしまった。着てみたら案外似合っている気がしたのです。
青山のコムデギャルソンにも行く

コムデギャルソンの春夏ものの商品が出揃っているのを知っていましたが、仕事が忙しくて行けませんでした。去年の暮れに予約してあったMARCCOの増田さんに伸びきったボアボアの髪を切ってもらいに行って、帰りにちょっとだけ足を伸ばしてコムデギャルソン青山店に。で、やっぱり買い物をしました。忙しい時に洋服を買うと元気になれる気がします。髪もいい感じにカットしてもらえたし、会社に帰って気分よく仕事に戻りました。

青山のコムデギャルソンにも行く
パンツのようなのも買いました。「a.」のバルーンパンツよりうんと股の部分が低いというのかなあ。だからちょっとスカートな感じです。

16/02/02




赤坂塩野の焼き菓子はおいしい
ご挨拶には6個入りを選びました。昔メッツメのご実家から頂いたのは大箱入りでどっさりお菓子が入っていました。うれしかった。
赤坂塩野の焼き菓子はおいしい

先週京都でお世話になっている方々にようやっと今年のご挨拶に行けました。東京の赤坂の塩野の焼き菓子をおみやげにしました。今から40年ぐらい前にアシスタントをしてくれていたメッツメという愛称の女性の実家が赤坂にあって、塩野の焼き菓子を教えてくれました。だから40年近くこのお菓子を買っています。東京の和の焼き菓子はここのに限ると思っています。

16/01/26




タオルもいろいろ紅茶もいろいろ
1度洗ってフェイスタオルを使ったら綿毛が顔につく。それで8回ぐらいも洗いましたが、洗濯機のごみ取りの網に白い綿毛がたまります。あきらめて使い始めました。顔に綿毛がつくという事はなくなったので使用中。他の衣類と洗わないようにという注意の札が入っていましたけど、こんなに綿毛がとれるタオルは初めてでした。
タオルもいろいろ紅茶もいろいろ

用があって久しぶりに新宿のデパートに行きました。厚手のタオルが欲しかった事を思い出しタオル売り場に行ってみましたら、いろんな種類の白いタオルが並んでいました。薄手厚手、長いループ短いループ、織りのつまり具合いいろいろ。まず白いタオルで好みの質感を選んだら色を選ぶように展示してあるのかも知れないと思うほど白いタオルは充実。悩んだ末日本のメーカーのバスタオルとフェイスタオルを買いました。別の日に銀座のデパートで紅茶を買いました。去年恵比寿で買った紅茶がおいしかったので、同じのが欲しかったのですがこの紅茶専門店は店舗によって置いている種類が違うんだそう。去年買ったおいしいのは売っていなかったのでおすすめを買ったのですがー。

タオルもいろいろ紅茶もいろいろ
いろんな紅茶を飲んできました。切れたらすぐ買い足せるデパートで買えるのがいいと思うようになってから、某メーカーのを長年飲んできました。たまたま切れてた時に駐車場を利用した恵比寿ガーデンプレイスで、ほぼ贈答品用ぐらいのお値段の有名な紅茶専門店でミルクティ用とダージリンを買いました。それがおいしかったのです。今年になって銀座で買ったのはミルクティのもダージリンもはずれ。聞くところに寄ると売り場の人のチョイスで、同じものを置いていない事も多いとか。最近京都のバルで恵比寿で買ったミルクティ用を買えました。この写真のは私好みでなかった紅茶です。

16/01/19




エントアンのサドルシューズ
底は革ではありません。ラバーというか滑らない素材です。減ったら張り替えがきくと思います。
エントアンのサドルシューズ

去年の「エントアンの靴展」の時に注文したサドルシューズがとうとう出来上がってきました。去年の秋、白と黒のコンビの靴を探していて、前にギャルソン青山店で見たので行ってみたのですが売り切れでした。それでエントアンのサドルシューズを白黒で作ってもらったのでした。出来上がったら失敗ということもなくはありません。それは困るなあと心配していました。でもいい感じにできてうれしいです。

16/01/12




本屋に行く
実用書とお店スタッフが特別に選んだような海外の翻訳本あたりでこの8冊になってしまいました。他の棚には行く余裕がありませんでした。
本屋に行く

東京には時代に合った本屋があります。蔦屋さんは本を販売しているんだかみなさんを楽しませているんだかわからないぐらい楽しい本屋です。大好きです。渋谷の東急百貨店本店の7階に、MARUZEN&ジュンク堂店が入っているのですが、ここのサービスは2店分の品揃えなのかな? だーっと並んだ本棚の間をぐるぐる回っているうち、5、6冊は買いたい本が見つかります。で、買ってしまいます。不思議な本屋です。だーっと並んだ棚から見つけるから一期一会のような気持ちになるからなんでしょうか。

本屋に行く
イラストレーター長新太さんと村上隆さんの特集雑誌。すごい充実の内容でした。
本屋に行く
もう写真満載の料理本は買いません。でも有元葉子さんと渡辺有子さんの文字の多いこの2冊は買いました。いいですよ。

15/12/28




お正月の煮物などの乾物
私の買った小さいドンコの戻しは、暖かいマンションなら1日で、寒い場所に置いての戻しなら2日かかるそうです。もちろん戻し汁は煮物に使います。「ノムラ」さんのいりごまもおいしいです。
お正月の煮物などの乾物

イオプラスの斜め前の「ノムラ」さんで今年もお正月用の乾物の買い物をしました。最近は頑張っておせちなど作りませんが、やっぱり筑前煮やお雑煮は作ります。「ノムラ」さんでは花カツオはその場で削ってもらえますし、お昆布やドンコのような使うものによって最適なものの相談もできます。ちょっと東京にはないいいお店です。友人のも買って東京に送ってもらいました。

15/12/22




藤原千鶴さんのルームシューズ
買ったばかりの帆布のルームシューズです。これがないと家で落ち着きません。必ず袋がついてきます。袋は使わないでとっています。たまにワインをあげる時に使います。
藤原千鶴さんのルームシューズ

最近は黒の帆布のルームシューズと決めています。京都の io+ に置かせてもらっているので、また買いました。ウールと帆布のそれぞれ黒と赤を定番として置かせてもらっています。いつかいろんな布で作られるすてきなルームシューズの展覧会をさせてもらいたいと思っています。

藤原千鶴さんのルームシューズ
ついついこんなになるまではいてしまいます。左のは洗って継ぎをあてようと思ってとってあります。右のは今はいているものです。どうしてだか右足の方がやぶれやすいみたいです。

15/12/15




竹崎さんの小さめストール
外着。コート下に着ている私の今年の愛用「 a. 」の赤カットソーにも合います。会社でもしています。
竹崎さんの小さめストール

竹崎さんのストール展最終日に黒の小さめストールを買いましたが、とても柔らかくて気持ちよくて、ほぼ毎日しています。大きめのは去年赤を、一昨年茶色を買いましたので、どうしても小さめが欲しかったのです。小さめのいいのは暖房が効いてくるまでは家の中でもできます。実は買ってから毎日家の中でもしているんです。帰宅すると普段着に着替えてまたこのマフラーを巻きます。昔(当時25歳だった)高橋みどりさんがご家族皆さん帰宅すると必ず着替える(外の汚れを出来るだけ持ち込まないため)といいました。私納得して影響されて今に至りますが、このマフラーだけは例外です。

竹崎さんの小さめストール
外歩きの時はコートの上からひょいと巻きます。気軽にできてとてもいいのです。

15/12/08




BANKO
おみやげ? 記念品?。私は手拭いを買いました。入り口と通路のミュージアムショップに古い道具などがちょっとだけ並んでいましたよ。
BANKO

BANKO=陶芸家内田鋼一さんが立ち上げられた萬古焼(三重県四日市市のやきもの)のアーカイブデザイン美術館です。私は中学から高校卒業まで四日市に居りました。イラストレーターにならなかったら、四日市にもどって住人になっていたかも知れません。その四日市を誇れる文化的なものがありませんでしたが、いよいよというかとうとう内田さん(ご出身は愛知県)につくってもらえました! 感激です。うれしいです。古いビル1階を内田さんが個人で借りられての美術館です。輸出していた萬古の洋食器などなどが気持ち良く明るくすてきに展示されていました。内田さんに感謝です。近鉄四日市駅からタクシーでほんのちょっとで着きますので、お伊勢さんなどに遊びに行かれる時にでも途中下車して行ってみてください。

15/12/01




アンティパストの男物靴下
トラッドなアーガイル柄のも好きですが、「アンティパスト」の独特な柄ものも楽しい。男物では「ポールスミス」のもよく買います。
アンティパストの男物靴下

先週駒沢のイオショップ&ギャラリーで「アンティパストの靴下展」をしていました。最後の日に男物を2足買いました。男性のプレゼントは靴下と決めています。ちょうどクリスマスプレゼントに最適です。ところで今週は京都イオプラスで「アンティパストの靴下展」をしますが、イオプラス用に新しい男物靴下が入荷したそうです。私は週末はイオプラスに行きますので、買い足せそうです。

15/11/24




今朝はいいお天気!
ここ数年、シーツだって自分でアイロン掛けします。
今朝はいいお天気!

週末はアイロン掛けをすることが多いんですが、このところ金曜日から日曜日まで京都とか地方に行っていたので、ウイークデーの朝もアイロン掛けをしなければなりませんでした。でも今日土曜日は久しぶりに時間を気にせずアイロン掛けをしました。こういう家事が楽しい。私は長年仕事をしてきましたし今も仕事をしていますが、根っからの主婦向きみたいです。

今朝はいいお天気!
今日はシーツと布団カバーと、袖無し割烹着2枚と、ウールバルーンパンツ1枚と、シャツ1枚とお弁当包み3枚でした。

15/11/21




京都バルに無印良品が戻った
小さめでです。ガラス窓等を拭く雑巾用です。
京都バルに無印良品が戻った

なんでもないデザインの生活道具をさがすのがむつかしい時代だけど、無印には「これこれ!」というのがあってうれしい。京都のマンションで使うものを買いました。実は河原町通りのバル建て替え前は充実した無印のフロアがあって、ちょうどマンションの部屋リニューアル直後で掃除道具などを買いましたが、その後建て替えで閉店。不便していました。最近コンランも入ったおしゃれな新バルに無印が戻って来ました。さっそく買ったものはブリキのバケツに金属のバスケットです。

京都バルに無印良品が戻った
風呂場で使うシャンプーなどを入れるバスケット。実は新しくしたカールヘア用シャンプーのボトルがガラスでした。粗相して倒したり台から落としたりしたら割れるので、どうしてもバスケットが必要でした。ちょうど良い大きさです。よかった。

15/11/10

One Day

前のOneDay
大橋歩書籍リスト